AtomでMarkdownを保存すると改行が壊れる問題

プレビューを見ながら書いてる時は思ったとおりの出力が得られる一方で,
保存したら改行が無視されてしまう問題があったのでその解決法です.
(検索してもあんまり出なかったから僕だけの問題かもしれない)

環境

OS: Ubuntu 14.04 LTS
Atom: 1.10.2

次のような環境で問題が起きていました.

原因

Whitespaceプラグインはデフォルトでは
文末のスペースを消去する設定になっています.
Remove Trailing Whitespaceという項目がそれです.
その他にKeep Markdown Line Break Whitespaceという設定があり,
これをオンにしておくとMarkdownでは行末の空白が消去されなくなるらしいです.
しかし,僕の環境ではうまく動きませんでした.
Remove Trailing Whitespaceをオフにすれば解決なんですが,
それだとMarkdown以外のファイルタイプでも行末の空白が残ってしまいます.
あまり問題が無いような気もしますが,
これで問題が起きても困るのでMarkdownだけで行末の空白が保持されるようにしましょう.

解決法

Atomの個人設定は~/.atom/config.csonに保存されています.
このファイルを編集することで設定を変えることができます.
結論をいうと,このファイルの末尾に次の文章を加えればOKです.

".text.md":
  whitespace:
    removeTrailingWhitespace: false

".md.text"というのはMarkdownのScopeです
(language-markdownパッケージの場合).
Scopeを指定して設定を記述することで言語ごとの設定を変えられます.